オンラインイベント『親子の日オンライントークイベント2022〜未来への贈り物〜』

114views
開催終了

親子の日オンライントークイベント2022〜未来への贈り物〜

20回目を迎える「親子の日」を記念して行うオンライントークイベントに参加するのは以下のみなさんです。
小説『バッテリー』が延べ1,000万部を超える大ベストセラーとなった小説家・児童文学作家の「あさのあつこ」さん。書籍「歯みがきするから歯は抜ける」で大反響を呼んだ歯科医師の大岡洋さん。ご自身の保育園をつくる夢と、子育て、福祉の社会課題を解決するために会社を創業された株式会社イースマイリー代表取締役の矢澤修さん。本イベントために収録した映像でイベントに加わるのはタレント・クリエイターとして活躍されている「いとうせいこう」さん、外資系IT企業に勤務する傍ら子供達と農業に取組んで保坂ファームを運営する保坂景さん、「すべての子供に家庭を」と自ら里親として今迄に19人の 里子達と向き合ってきた歌手の三橋美香子さん。 他にも「親子の日」応援イベントを実施する神奈川県葉山にある「一色base」、 今年初めて「親子の日」イベントを実施する会場:千葉県我孫子の手賀沼から中継も加わり立体的な構成で約2時間のオンライントークイベントです。
「親子の日」オリジネーターのブルース・オズボーン(写真家)と親子の日普及推進委員会代表の井上佳子、そして長年に渡り「親子の日」を応援するoticon補聴器沖縄販売店の森山社長も中継でトークイベントに加わります。どうぞ、ご期待ください!
「親子」は、国境も文化も宗教も超えられる世界の共通語!
出演者が語る「未来への贈り物~Present to the Future~」は? ?
20回目の「親子の日」当日、言葉のカプセルに入れる未来へのプレゼントが、7月24日の「親子の日」にライブで発表されます。

イベントの詳細

開催日 2022年 7月 24日
開催時間 13時 00分
配信方法 YouTube
イベント種別 環境・社会無料イベント子供向け・子育てセミナー・ウェビナー・講演会
参加料 0円
主催者名
(主催団体)
親子の日普及推進委員会事務局
公式WEBサイト https://oyako.org/talk/
連絡先
(電話)
046-877-1070
連絡先
(メールアドレス)
info_oyako@oyako.org

あなたにおすすめのイベント

新着イベント

totonoe café night(トトノエカフェ ナイト)12月

開催日: 2022年 12月 22日 ~
12月 23日
参加料: 0 円

いよいよ2022年も残すところ1ヶ月。みなさんにとってこの1年はどんな年だったのしょう?毎日の仕事や...

楽劇座10周年記念公演「ルーシーフラワーズ・フェスティバル/大盤振舞」

開催日: 2022年 12月 10日 ~
1月 10日
参加料: 4,400 円

音楽家、劇作・演出家、文筆家、大学の研究所での特任研究員など、様々な顔をあわせもつ鬼才・関口純、看板...

なりたい自分になるしつもんメンタルトレーニング講座

開催日: 2022年 12月 25日
参加料: 3,000 円

メンタルトレーナーとして冬休みになりたい自分を目指す子どもたちにクリスマスプレゼント企画を行います※...

対州馬と対馬の歴史トークショー

開催日: 2022年 12月 3日
参加料: 0 円

「対馬の馬具調査、実施しました!」今年7月、馬具の専門家である末崎真澄氏に依頼し、対馬市文化財課所蔵...

Pianist Tsuyoshi Konno【ピアノレッスン】

開催日: 2022年 11月 19日
参加料: 3,000 円

国内・海外で数々の賞を受賞したピアニストからのピアノレッスンをオンライン配信にてご受講いただけます。...

開催間近のイベント

【断乳を年末年始で検討中…な方!必見!】断乳 について、助産師 と理学療法士 それぞれの視点からお母...

totonoe café night(トトノエカフェ ナイト)12月

開催日: 2022年 12月 22日 ~
12月 23日
参加料: 0 円

いよいよ2022年も残すところ1ヶ月。みなさんにとってこの1年はどんな年だったのしょう?毎日の仕事や...

なりたい自分になるしつもんメンタルトレーニング講座

開催日: 2022年 12月 25日
参加料: 3,000 円

メンタルトレーナーとして冬休みになりたい自分を目指す子どもたちにクリスマスプレゼント企画を行います※...

楽劇座10周年記念公演「ルーシーフラワーズ・フェスティバル/大盤振舞」

開催日: 2022年 12月 10日 ~
1月 10日
参加料: 4,400 円

音楽家、劇作・演出家、文筆家、大学の研究所での特任研究員など、様々な顔をあわせもつ鬼才・関口純、看板...